水虫 ラミシールクリーム

きっかけは親指のなま爪をはがしたことです。

3か月ほど前に親指のなま爪をはがしました。
とてもひどい状態だったので、病院に行き、受診しました。

「湿潤療法」という治療法のおかげでなま爪の治療はうまくいきました。

しかし、その時に注意を受けたのは水虫のことでした。
これ以上、ひどくなって親指に水虫がひろがらないようにということでした。

水虫とはもう7年くらいの付き合いになります。

いろいろな市販薬を試しましたが、なかなか治りませんでした。 ところが、なま爪をはがしてから、注意深くラミシールクリームを塗っていたら水虫が治ってしまいました。

これは、かなり驚きました。病院に行かないと治らないかなと思っていた水虫が治ったのです。

それほど、特別なことはしていませんので、水虫の治療の参考になるかもしれないので、私のしたことを書いてみます。

ふたつのことをしました!

ひとつは足の角質ケアと水虫治療薬のラミシールクリームを毎日ぬりました。
角質ケアの道具は100円ショップで、目の粗いのと、細かいのを購入しました。
お風呂へ入るたびに、かかとからつま先まで、こすりました。
かかとは目の粗いもので強くこすり、それから、目の細かいものでこすりました。

土踏まずとくるぶしから小指にかけては、水虫ができていたのでそちらは目の細かいものでやさしくこすりました。 皮がむけて真っ赤になってしまうところもありましたが、我慢しながらやさしく慎重にこすりました。
その後、風呂上りにラミシールクリームを患部以外にも足全体にぬりました。

もうひとつは、足を1日2回丁寧に洗いました。医師に足を清潔にしとくように、水洗いで洗うように言われたので、朝、出勤前と昼休みに水洗いを行いました。

これを続けていくと、足が徐々にきれいになっていきました。
幸い、夏だったので会社での水洗いも苦になりませんでした。家ではお湯で洗っていました。

会社で足を洗った後もラミシールクリームをぬっていました。
会社の人にはなま爪をはがしたことを言っていましたし、当初はびっこひきながら歩いていましたから、毎日、足を洗っていても不審に思われることはありませんでした。
水虫のことは内緒にしていました。

徐々に、今まで、ずるずると向けていた皮はむけなり、親指に侵入しそうになっていた水虫もいなくなりました。 そして、今では、ほぼ完ぺきに治りました。
かゆみもないし、見た目にも水虫はいません。これであれば人前で素足でいられます。

「ほぼ完ぺき」というのは表現としておかしいのですが、再発するかもしれないので、いまだにラミシールクリームを塗っています。 それで、「ほぼ完ぺき」という表現にしておきます。

何が良かったのかなと考えてみたのですが、今までは患部にだけ塗っていたラミシールクリームを足全体に塗ったことがよかったのではないかと思います。 それから、毎日、足を洗っていたこともです。

私のように、なま爪を治療するという目的がないと、なかなか、毎日2回も足をあらうということはできないかもしれません。 でも、その気さえあれば誰でも簡単にできる方法だと思います。

それから、なま爪はがすのはとても痛いです。親指が痛い時に足を洗うのも結構きついものです。 多分、なま爪はがしていない方のほうがこのやり方は時間も手間もかからないと思います。

なま爪はがしてとても痛い思いをしたのですが、7年悩んでいた水虫が治るという思わぬ幸運が舞い込んだという感じです。

誰でもできる方法ですので、医者に行くのが嫌という方には参考になるのではないでしょうか。

私はかなり水虫のこと気にしていたのですが、なかなか、医者に行けませんでした。
なま爪はがした時も医者に行くのを躊躇したほどです。

なま爪の治療をしているときに、医師が薄い手袋をはめていたのを見て劣等感を感じました。
(これは感染予防のために当然の措置なのでしょうが。。。。)
水虫は何となく恥ずかしいし、他の人に知られたくないものです。

それなので、同じような思いをしている方がいれば参考にしていただければと思います。

ラミシールクリームを格安で入手する方法

私が行ったことは、角質ケアと足を1日2回洗うこと、そして、ラミシールクリームを足全体に塗ることです。

誰でもできる簡単なことなのですが、ひとつだけ問題があります。
ラミシールクリームをたくさん使うので薬代がかかるということです。

ラミシールクリームATを使っていたのですが、薬局で10gで1980円でした。

水虫を治すというより、爪をはがした親指に水虫が入ってしまったら大変という思いがあり、こんな贅沢のことができたのです。

但し、薬代は痛かったです。それで、いろいろネットで調べて、気がつきました。

もともと、ラミシールクリームは海外の会社の医薬品で、海外製のラミシールクリームが格安だということです。

輸入代行にてラミシールクリームを買ったら、15g×2本で2500円でした。国内製の製品を10g購入する値段で30gも購入できます。 高価なラミシールクリームが私の中ではハンドクリーム感覚になりました。この方法はちょっといいかなと思います。

私のようにせっぱつまっていなくても、患部に塗るだけでなく、1日1回足全体に塗るという方法はいいのではないかと思います。

参考になるようでしたらハンドクリーム感覚でラミシールクリームを足全体に塗るとう方法を試してみてくださいね。

格安で購入できるラミシールクリームの通販ショップを紹介します。

ラミシールクリームを通販で購入したのですが、海外製のラミシールクリームは個人輸入代行を使いました。手続きはとても簡単です。

自宅に居ながら手軽に購入ができます。

オオサカ堂 ラミシールクリーム1%15g             

「価格表と送料」「納期」はこちらで確認できます。

オオサカ堂では全商品送料が無料です。この点も利用する方にとってのメリットになります。オオサカ堂であれば、安心して購入できます。